黒ラブ「するすみ」と遊ぼ!

surusumi04.exblog.jp ブログトップ

2014年 03月 26日 ( 1 )

吉ベイ闘病記①

吉ベイが、ストライキを起こしたと報告したが、事態は悪くなってしまいました。
e0244283_251094.jpg


少しづつ元気がなくなって、今度は動く度に時々キャンと泣く。

精神的なものかと思っていたが、
どうもおかしい。
念のため病院へ連れて行った。
おとはんがクルマで基地に行ってたので、電車とタクシーを乗り継いで行く。
こんな時、小型犬は助かる。大型犬の場合はどうするか。万が一の事を考えて、もっと近所にもかかりつけの病院をセカンドオピニオン的に作っておくべきかもしれない。

早速、レントゲン撮影をいてもらうが、動いたりして、あまり鮮明には出てこない。
肝心の場所が、食べたばかりのご飯と重なってしまい、よく見えない。

先生によると、こういう小型犬は、首や腰を悪くしやすいらしい。小型犬の事はあまり知識が無かった。もっと気をつけてやればよかった。

しかし、何かきっかけがあったかと思い巡らすが、特に思いつかない。元気で散歩でみんなに愛想して、いつも首を上げているからか。
確かにこの子は、すぐに後ろ足の2本立ちになる。上を向くのが嫌だったのかも。


とりあえず痛み止めをもらって帰ってきた。

その日からクスリを飲ませると、調子が良いのか、日曜日の晩は久々に散歩に行きたいと言う。
ではと連れ出したのだが、それが悪かった。

帰ってからだんだん元気がなくなって、翌朝には、少し身体を動かしてもキャンキャン泣き、痛そうで見てられない。


翌日まで待って、もう一度病院に行き、見てもらう。
吉だけ連れて行こうとしたら、「では、わたくしも」と、するすみがクルマに乗り込んできた(≧∇≦)心配なのか、さみしいのか、少し気になるようだ。
特に診てもらうところもないが、付き添いとして連れて行くことに。

e0244283_8535781.jpg



受診結果は、やはり首ヘルニアなのではとのこと。MRIを撮らないと、はっきりはわからないらしいが。
首のコルセットとステロイドのクスリをもらって帰ってきた。

ものすごく抵抗して、2回ほど噛まれたが、何とかコルセットを首に巻いて、こんな感じ。

e0244283_25127.jpg

e0244283_251373.jpg



今朝も相変わらず動こうとはしない。
食欲もないようだ。
目つきがいつもと違う。
息遣いも荒い。

早速ステロイドのクスリをご飯に混ぜようとしたが、肝心のご飯を食べてくれない。
ではと牛乳に混ぜたら、クスリの味がしてまずかったのか、もう全く飲んでくれない。

心配しながらも仕事に行く。こんな時ずっと見てられないのが可哀想だが、しょうがない。後ろ髪引かれる思いで置いて行く。

お昼休みに戻って、少しご飯を手から食べさせた。

夜、ワン友からのアドバイスで、クスリを人間用のチーズに仕込んで見たら、直ぐに食べてくれた。
カリカリご飯もあまり食べないので、鶏肉を茹でて食べさせてみた。喜んでたべる。

e0244283_251174.jpg


クスリが効いてきたのか、目つきも少し穏やかになった。

ずっと寝れてなさそうなので、これで少し寝てくれたらいいのだが。

自分も椎間板ヘルニアの経験者だから、辛さはよく分かる。特に寝起きは辛い。
直ぐに治るものではないので、安静にして、がんばろな。
[PR]
by surusumi0406 | 2014-03-26 01:21
line

黒ラブの女の子「するすみ」と楽しい毎日


by surusumi0406
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31